暑い夏も本番を迎えていますね。

そんな中今年も世界陸上が行われます。

毎回様々な感動を味わうことができる世界陸上。

今回の日程やスケジュール、注目選手などを確認し、

より世界陸上を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

世界陸上

世界陸上

◇世界陸上とは?

世界陸上は、奇数年に行われる陸上競技の世界大会で、

世界陸上競技選手権大会のことです。

1983年に第一回の大会が行われ、当初は4年に1度

オリンピックと同じ開催でしたが、1991年からは2年に1度の

開催に変わりました。

参加する国は毎回150ヶ国以上でとても大規模な陸上競技の大会です。

今年は、ロシアの都市モスクワルジニキ・スタジアムで行われます。

 

◇世界陸上2013の日程・競技スケジュール

今年の世界陸上は8月10日(土)に開幕します。

8月10日(土)~8月18日(日)までの期間開催されます。

主な日程は以下にまとめましたのでご覧ください。

 

http://netbizcom.net/wp/archives/342.html

 

 

ちなみに、日本人選手の出場する競技は以下の通りです。

女子マラソン・男子100m・男子1000m

男子ハンマー投げ・女子100m・女子1000m

男子400mH・女子400mH・女子20km競歩

男子5000m・女子5000m・男子4×400mR

女子100mH・男子200m・女子やり投げ

男子マラソン

もっと詳しく知りたい方は以下にまとめましたのでご覧ください。

 

http://netbizcom.net/wp/archives/348.html

 

◇見どころ・注目選手

今大会の見どころ選手は、何といってもスーパー高校生、

桐生祥秀選手です。

日本短距離界の期待の星です!

2013年織田記念陸上大会の100M予選にて、10“01という

日本歴代2位日本ジュニア新日本高校新日本国内の

競技会での日本人最高のタイムでした!

タイムとしては世界ジュニア記録にも並んでいたのですが、

使用された風向風速計が旧式のものだった為、残念ながら

公認されませんでした。

 

そして、短距離といえばウサイン・ボルト選手

2009年のベルリン世界陸上にて100Mで

世界記録9“58という大記録を作りました。

世界の短距離界ではメダルの常連選手です。

 

世界一のボルトと、そのボルトも注目する桐生くん、

今年のモスクワ世界陸上では、この二人のレースを見てみたいですね。

 

◇過去の開催地

世界陸上は、1983年から始まりました。

過去の開催地とともに見ていきましょう。

第一回:1983年8月7日~14日 フィンランド ヘルシンキ

第二回:1987年8月28日~9月6日 イタリア ローマ

第三回;1991年8月23日~9月1日 日本 東京

第四回:1993年8月13日~8月22日 ドイツ シュトゥットガルゴ

第五回:1995年8月5日~8月15日 スウェーデン イェーデボリー

第六回:1997年8月1日~8月10日 ギリシャ アテネ

第七回:1999年8月20日~8月29日 スペイン セビリア

第八回:2001年8月3日~8月12日 カナダ エトモンドン

第九回:2003年8月23日~8月31日 フランス パリ

第十回:2005年8月6日~8月14日 フィンランド ヘルシンキ

第十一回:2007年8月25日~9月2日 日本 大阪

第十二回:2009年8月15日~8月23日 ドイツ ベルリン

第十三回:2011年8月27日~9月4日 韓国 大邱

このように世界の様々な場所で世界陸上は行われています。

 

個人的にとても印象に残っているのは、

第八回のエドモントン、侍ハードラー 為末 大選手が

400mHで銅メダルを取ったときですね。

五輪・世界選手権を通じて日本人初の短距離種目での

銅メダル。

陸上大好きの私にとって、とても心震える瞬間でした・・・。

 

今大会でも新たな記録と、記憶に刻まれる瞬間が生まれる

事を期待してます。

 

YouTube Preview Image

 

Sponsored Link



合わせて読みたい記事